顔は小さいが体は大きい猫メイ.com

全猫類のための生活しやすくなる為のグッズを紹介するにゃ

猫がエサを食べない理由は歯周病だった

猫がエサを食べない、隠れるなどの理由は歯周病だったという話を聞いたことがあります。
猫は病気になったら、怯えて隠れるという感じになるそうです。
結局、歯を抜いたそうです。

猫は口がずっと閉まっているので口の臭さなどを臭う機会は少ないです。
虫歯にもなりにくいですが、キャットフード以外のものを食べるとなりやすいと思います。
猫の歯周病予防の対策は、キャットフード以外食べささないことと、やはり歯ブラシです。

犬を例に犬猫が虫歯や歯周病になりやすいことを説明します

犬を例にすると、人間の唾液のPH値は6〜7で中性なのに対し、 犬の場合は8〜9で弱アルカリ性で、石灰沈着が起こりやすい。
歯垢が史跡になる日数は人間が約25日に対し、犬は3〜5日と5倍以上も早い。
犬がエサを食べ、歯垢が歯石になって歯周病に移行するまで最短で2〜3週間と早い。

犬や猫の歯周病を放置すると、歯を支える歯槽骨を溶かし、膿が溜まる。
そのため顔が腫れたり、眼の下から膿が出たり、下あごの骨が折れることもある。
歯周病は口の中までにとどまらず、菌が血中に入って心疾患など全身の病気を引き起こすこともあります。

少なくとも週に2〜3回は歯ブラシを使い、歯と歯茎の境目や歯周ポケットから汚れをかきだす。
そのほかは、歯磨きシートや、歯磨きガムを活用してもいい。

Copyright(C)2019 顔は小さいが体は大きい猫メイ.com All Rights Reserved.