顔は小さいが体は大きい猫メイ.com

全猫類のための生活しやすくなる為のグッズを紹介するにゃ

猫の食欲アップ方法

猫や犬は形によっての気分の変化もないし、色も白黒なので興味がありません。
猫にとって食べ物の見た目や形は食欲に関係ありません。
おいしさを決めるのは匂い、食感、味の3つです。
その方法をご紹介します。

匂いは暖めると食欲アップ

人と比べ、犬は100万〜1億倍、 猫は1万〜10万倍優れた嗅覚を持っています。
感度は子犬より成犬のほうがよく、老いるにつれて鋭くなります。
嗅覚が鈍った場合はフードを温めてみるとよいです。
暖かくなると匂いが増すので食欲が増えるようになるでしょう。

食感、猫の食べ方を観察しよう

体のサイズや口の形、顎の力により食べやすい形状を選ぶ必要があります。
顎の力が弱い子猫や老猫は湯などでふやかすと食べやすくなります。
また、特に猫は品種によって食べ方が違います。
ペルシャ猫は餌を下の裏にそえて食べるので舌に張り付きやすい形状をお勧めします。
シャム猫は丸呑みする傾向があるので食べにくい形で噛む行動を引き起こすのもいいでしょう。

味、皿を陶器に変えるのも手です

味を感じる舌の細胞は人間が9000個程度ですが、犬は1700個、猫は500個ほどしかありません。
味覚オンチなんです。
さらに猫は甘味を感じる細胞がないので甘いものを食べたがりません。
いつものペットフードを食べない場合は、皿を変えるのも手です。

プラスチックやステンレスより、陶器やガラスの皿を好みます。
猫がよく人間の食べ物を盗み食いするのは、器がいいからかもしれませんね。
猫はあまり高級でおいしいもの食べ過ぎると、安っぽいものを食べなくなるので注意です。
猫が元気がないとき食欲アップにぜひご検討を。